ショパン国際ピアノ・コンクール2020|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

ショパン国際ピアノ・コンクール2020|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

ムジーク・ライゼン

海外オペラ・バレエ・クラシックのチケット手配

第18回ショパン国際ピアノ・コンクール2020XVIII Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina

ショパンの生誕地ポーランド、ワルシャワで、5年に1度行われる世界で一番有名なピアノ・コンクールです。次は、2020年の秋に第18回コンクールが開催されます。書類選考、録音審査を経て、第1次、2次、3次予選を勝ち抜いた者のみが、ファイナルへの出場を認められます。審査委員長アンジェイ・ヤシンスキの話によると、ショパン国際コンクールの意義は「若いピアニストのお手本となるような人材を見つけること」にあるとのことです。

スケジュール

  • 2020/10/2 オープニング・コンサート
  • 10/3~7 第1次予選
  • 10/9~12 第2次予選
  • 10/14~16 第3次予選
  • 10/17  ショパン第171回目の生誕祈念コンサート
  • 10/18~20 最終予選
  • 10/21 優勝者コンサート
  • 10/22 第2位受賞者コンサート
  • 10/23 第3位受賞者コンサート

チケット情報

発売日は、2019/10/1 です。

チケット料金は、未定ですが、ご希望の方は、お問い合わせいただければ、2015年情報をご案内いたします。

変更がなければ、第1~第3次予選は、午前と午後の部に分かれます。 それぞれ、チケットが必要です。最終予選は、1日券です。

2015年は、各予選のパス、もしくは、第1次~最終予選のすべてを聞ける、コンプリート・パスもございました。(すべて同じ座席番号) その他、小ホールでのライヴ・ビューイングのチケットもございましたが、2020年がどうなるかは、未定です。

チケット・パス類は、すべて、PDFのEチケットです。

注意事項

コンプリート・パスには、受賞者コンサートは、含まれません。

2015年度のチケット情報のため、変更があると思われますので、参考情報として、ご検討ください。

前回の発売日は、確か、最終予選は、発売日には残席僅少で、発売開始後のご予約は、ほぼ、キャンセル待ちです。

1位の受賞者コンサートは、直前まで、キャンセル待ちをしておりましたが、最後まで、発売ががなく、当日券でも、VIPがほとんどで、入手が困難そうだったそうです。

手配手数料

  • 1次~3次予選: 基本手数料; 1枚3000円/日*
  • 最終予選: 特別手配手数料N; 1枚4500円/日
  • 1位優勝者コンサート; 特別手配手数料B; 1枚9000円
  • 2位~3位入賞者コンサート; 特別手配手数料A; 1枚6000円
  • パス 1日あたり3000円

*午前・午後で、別チケットの場合でも、1日当たりの料金です。 半日でも、半額にはなりません。

完売後は、以下の通りです。

  • 3000円 → 完売公演手数料; 4500円
  • 4500円 → 特別手配手数料A; 6000円
  • 6000円 → 据え置き予定

クラシック雑誌

バレエ・ワンダーランド

ムジーク・ライゼンが、p119に掲載されております。 バレエ初心者にもわかりやすく、バレエのいろはを解説してありますので、 是非、お買い求めください!

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。 Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

Amazonより1冊購入

モーストリー・クラシック
公式サイト

ダンス・マガジン

国内外のバレエ&ダンスを美しい写真で紹介!日本はもちろん、フランス、イギリス、ロシア、アメリカなど世界のバレエ&ダンス・シーンを美しい写真とくわしいレポートで紹介! 以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーも取り寄せられます。
(注意;定期購読は中途解約不可)

Amazonより1冊購入

ダンス・マガジン
新書館公式サイト

Twitter情報

メルマガ登録

登録 削除

ホテルを格安にセルフ手配

Booking.com