お客様体験レポート(オーケストラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

お客様体験レポート(オーケストラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

ムジーク・ライゼン

海外オペラ・バレエ・クラシックのチケット手配

オーケストラ・レポート Orchestra Report

ルツェルン音楽祭 ロイヤル・コンセルトヘボウ  2010年9月 (S.A様)

完売公演でしたが、キャンセル待ちにて、無事、チケットを入手できました。マーラー3番を終えた、ヤンソンスの熱気と客席の感動が伝わってきます。

ヨーロッパの音楽祭に行ってみたいというのと、アムステルダムコンセルトヘボウをヨーロッパで聴いてみたくて、ルツェルン音楽祭に行きました。完売だった9月3日のマーラーの第3番のみ、御社に入手をお願いいたしました。的確に手配してくださり、また手数料も良心的で大変助かりました。当日のチケット預かりもスムーズに受け取ることができました。

KKLルツェルン KKLルツェルン

ルツェルン音楽祭は、おそらく他の音楽祭よりは日本人は少なめかと思います。他の音楽祭に行ったことがあるわけではないのですが、ベルリンやウィーンの通常公演よりは日本人の姿は少ない印象です。客層としては、ヘビーリスナーの方々がいると共に、楽章間の拍手が起きた日があったことなどから、ヨーロッパ内の必ずしもクラシックになじみがある訳ではない観光客もいるように感じました。また、スイスのスポンサー企業の招待客が来ている日もあるようです。日によっては、喫茶スペースの一部がそのような方専用に割り当てられていました。

音楽祭とあって、ヨーロッパの方を中心に、男性はスーツ、女性も着飾っている方が多いです。通常のヨーロッパのオーケストラ公演(オペラは別)よりもその割合は高いように感じました。スイスに行く日本人の多くは山に行く服装で行くことが多いかとは思いますが、できればちゃんとした格好も持っていかれた方がよいと感じました。

演奏も大変良かったです。特にチケットの入手をお願いしたマーラーの3番の日はオーケストラ、指揮者のヤンソンス共に相当に気合が入っていたように感じました。最後は観客総立ち(ヨーロッパではあまり見られない光景ですが)で盛り上がっていました。

写真は昼間に撮ったルツェルンのホールの様子です。中央駅の真横の大変に交通の便の良い場所にあります。湖のほとりのため、帰りにクルージングをしていく人々の姿も見かけました。ホールの中で写真を撮っている人がしばしば注意されていたので、中での撮影は控えました。

ルツェルン音楽祭は、国全体で支援しているのですね。体験レポートをお寄せいただき、ありがとうございました!

※創業当時のレポートは、現在とは、手配方法や難易度などが大きく異なる表記が多いですが、当時のまま載せております。 今は、もっと手配スキルが上がり、すべてのチケットが取りやすくなっておりますので、ご安心くださいませ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

体験レポート・目次

クラシック雑誌

バレエ・ワンダーランド

ムジーク・ライゼンが、p119に掲載されております。 バレエ初心者にもわかりやすく、バレエのいろはを解説してありますので、 是非、お買い求めください!

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。 Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

Amazonより1冊購入

モーストリー・クラシック
公式サイト

ダンス・マガジン

国内外のバレエ&ダンスを美しい写真で紹介!日本はもちろん、フランス、イギリス、ロシア、アメリカなど世界のバレエ&ダンス・シーンを美しい写真とくわしいレポートで紹介! 以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーも取り寄せられます。
(注意;定期購読は中途解約不可)

Amazonより1冊購入

ダンス・マガジン
新書館公式サイト

Twitter情報

メルマガ登録

登録 削除

ホテルを格安にセルフ手配

Booking.com