お客様体験レポート(オペラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

お客様体験レポート(オペラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

ムジーク・ライゼン

海外オペラ・バレエ・クラシックのチケット手配

オペラ・レポート Opera Report

ザルツブルク音楽祭「フィガロの結婚」 2011年7月 (Y.Y様)

「フィガロの結婚」は誰もが認める傑作で、私も大好きなオペラです。と言っても、今回、音楽(ロヴィン・ティチアーティ指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管)には全く期待しておらず、「ザルツブルクでフィガロを」というベタな思考とクラウス・グートの演出観たさから、チケットの手配をお願いしました。

ティチアーティはもじゃもじゃ頭の若手で、序曲から大爆発。ゆったりとしたテンポの中で、ティンパニが轟き、ブリュッヘンやアーノンクール顔負けのしつこい響きが続きます。フィガロとスザンナが出てくると、テンポはいよいよじっくりしたものに。円を描くような指揮で、たっぷりと歌わせます。時にもたれることもありましたが、やりたい放題やっているので、「まあ、いいか」ということに。歌手がビブラートをかけないのは、二重丸。特に女声が見事。古楽器最大の功績です。「ケルビム」が登場するクラウス・グートの演出は、シックかつクール。この演出も、アーノンクール&ウィーン・フィルのプレミエ時にはかなり話題になりましたが、今ではすっかり「古典」の佇まい。初演時の衝撃こそ弱まりましたが、後世に残る名演出といってよいでしょう。ティチアーティの指揮がよかったのは、後半の3・4幕。テンポがよく、流れがよく、歌手も絶好調(特にフィガロ)。4幕の深い祈りと、怒涛のような終結は、素晴らしいの一言。ティチアーティさん、あなたを侮っていました。ゴメンナサイ。

レポートを、お寄せいただき、ありがとうございました。

※創業当時のレポートは、現在とは、手配方法や難易度などが大きく異なる表記が多いですが、当時のまま載せております。 今は、もっと手配スキルが上がり、すべてのチケットが取りやすくなっておりますので、ご安心くださいませ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

体験レポート・目次

クラシック雑誌

バレエ・ワンダーランド

ムジーク・ライゼンが、p119に掲載されております。 バレエ初心者にもわかりやすく、バレエのいろはを解説してありますので、 是非、お買い求めください!

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。 Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

Amazonより1冊購入

モーストリー・クラシック
公式サイト

ダンス・マガジン

国内外のバレエ&ダンスを美しい写真で紹介!日本はもちろん、フランス、イギリス、ロシア、アメリカなど世界のバレエ&ダンス・シーンを美しい写真とくわしいレポートで紹介! 以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーも取り寄せられます。
(注意;定期購読は中途解約不可)

Amazonより1冊購入

ダンス・マガジン
新書館公式サイト

Twitter情報

メルマガ登録

登録 削除

ホテルを格安にセルフ手配

Booking.com