お客様体験レポート(オペラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

お客様体験レポート(オペラ編)|ムジーク・ライゼン Musik Reisen

ムジーク・ライゼン

海外オペラ・バレエ・クラシックのチケット手配

オペラ・レポート Opera Report

ヴェローナ・夏のオペラ・フェスティバル「アイーダ」 2010年6月 (T.H様)

H様は初めてお取引をさせて頂きました。ヴェローナ・ディ・アリーナは野外オペラなので天候面で色々と大変だったようですが、2幕だけでも楽しんでこられてよかったです。

ヴェローナの「アイーダ」とても良い席をとって頂き感謝でした。平土間からあがってすぐの真正面の席でとても良く見えました。ただ残念な事にその日はヴェローナに到着したら、雷がなってどしゃ降りの雨、中止になるのかしらととても心配していました。

午後5時半頃、チケット交換所に向かおうと外に出てみたら、雨があがっていて、ラッキー!交換所に着くともう、すでに20~30人の人達が並んでいました。この時は6時少し前だったと思います。2時間前から交換が始まるとお聞きしてましたが、早めに行っていた方が込み合わなく、良いようです。しかし、待っている間も雨が降ったり止んだり、そしてすごく寒く、少しお洒落していこうと持っていったスカートも着ず、パンツ(中にタイツをはいて上は長袖のシャツに長袖のウールのカーデガン)ルックで参りました。

アイーダのアマリッリ ニッツアは細い身体にもかかわらず素晴らしかったです。アムネリスにザージック、彼女は世界中からひっぱりだこの人だけあってやはり今回の公演で最高の歌手でした。ラダメスのテナーは私の知らなかったPiero Giuliacciと人でしたが、全然声が聞こえなく残念でした。それと、今回はゼッフイレッリの新演出という事だったらしいのですが、お馬さんも象さんもなし、コルネット(?)を吹く人達も高い所からでなく(雨が降って滑りやすいのでやめたのか、どうか解りませんが)とても残念でした。それと雨のため第2幕で公演は中止になりました。

「アイーダ」のステージ全体写真

本当に寒さに震えながら見ました。こんなこともあるとは聞いておりました。ヴェローナは北に高いドロミテ渓谷があるので寒いのだそうです。でも暖まる為に飲んだシャンパン、高かったけどそのシャンパングラスを持ち帰っても良いのですから、安いものだと思います。私達も壊さず持ち帰ることが出来て喜んでいます。

2回目のヴェローナでしたがオペラは勿論のこと、古い街にも飽きることなく楽しんであちらこちら歩きまわりました。 また、機会がありましたら宜しくお願いいたします

H様、素晴らしいお写真と体験レポートをお寄せ頂きありがとうございました。ヴェローナは、夏でも寒くなるのですね!貴重な情報を、ありがとうございます。またのご利用をお待ちしております。

※創業当時のレポートは、現在とは、手配方法や難易度などが大きく異なる表記が多いですが、当時のまま載せております。 今は、もっと手配スキルが上がり、すべてのチケットが取りやすくなっておりますので、ご安心くださいませ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

体験レポート・目次

クラシック雑誌

バレエ・ワンダーランド

ムジーク・ライゼンが、p119に掲載されております。 バレエ初心者にもわかりやすく、バレエのいろはを解説してありますので、 是非、お買い求めください!

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。 Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

Amazonより1冊購入

モーストリー・クラシック
公式サイト

ダンス・マガジン

国内外のバレエ&ダンスを美しい写真で紹介!日本はもちろん、フランス、イギリス、ロシア、アメリカなど世界のバレエ&ダンス・シーンを美しい写真とくわしいレポートで紹介! 以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーも取り寄せられます。
(注意;定期購読は中途解約不可)

Amazonより1冊購入

ダンス・マガジン
新書館公式サイト

Twitter情報

メルマガ登録

登録 削除

ホテルを格安にセルフ手配

Booking.com