海外のオーケストラ

HOME > 特集 > 海外のオーケストラ

海外のオーケストラ

 

ウィーン

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団Vienna Philharmonic in the Musikverein Photo: Richard Schuster 日本人に最も人気がある伝統のある名門オーケストラで、1月1日に毎年ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートが行われることでも有名である。 創立は1842年だが、その母体はさらに以前から続いて来た宮廷歌劇場(現在のウィーン国立歌劇場)の付属管弦楽団である。そのメンバーがコンサート・オーケストラとして活動を始めたのが1842年であり、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団となった。現在でもウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションに合格・採用され、3年間の任務で実力を実証し、認められたもののみが自主運営のウィーン・フィルハーモニー協会への申請を許されている。


 以前はウィーン音楽アカデミー出身の男性しか採用されず、新メンバーを入れる際は団員が直接教えた生徒が優先されたというが、最近では女性の団員も採用されている。楽器はウィーン製のものを貸し与えられるという伝統が長く守り続けられ、各楽器の音色は他のオーケストラが使用する楽器とは本質的に異なっている。特にホルンは全く異なり、CDでも他のオーケストラとの違いを知ることができる。
 「比類なきオーケストラ」として世界第一級のテクニックを備え、何よりも音色の優雅さ、ハーモニーの美しさ、まろやかでこくのある情感は一見に値するオーケストラである。1870年にムジークフェラインザール(楽友協会)が完成し、そこを本拠としてコンサートを開くようになってからは、あの柔らかい残響のなかで、伝統的な響きや奏法がますます上質に、いっそうウィーン風に練り上げられている。 また、1933年以降常任指揮者を置いていない。

§チケット情報
 定期会員専用の定期公演やソワレ公演は通常ではもはやチケット入手困難であるが、リターンチケットが出ることがあり、提携代理店よりウェイティング(キャンセル待ち)が可能です。また、一般にも発売される一般公演や公開リハーサルがあり、楽友協会で生のウィーンフィルを聴くチャンスはあります。
 ニューイヤー・コンサートのチケットを入手するには、前年の1月2日~23日までの間に申し込み、抽選に当たらなければならない。抽選結果は3月末に発表される。

LinkIcon公演スケジュール&ニューイヤーコンサート情報

 

ベルリン

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団Berliner Philharmoniker (c Jim Rakete)  世界のオーケストラ界の頂点に立つ、名門のひとつであり、1882年に創設された。ビューロー、二キシュに次いで、第3代常任指揮者となったフルトヴェングラーの時代にピークを迎える。ナチスの支配と第2次世界大戦という苦しい時代にも、ベルリン・フィルはフルトヴェングラーの下で活動を続け、1944年1月末にフィルハーモニー楽堂が爆撃で焼失された後も、会場を転々としながら演奏会を継続した。戦後の1955年には、カラヤンの指揮により初のアメリカ旅行を成功させ、カラヤンは翌年に名誉終身指揮者兼芸術監督に就任した。カラヤンは亡くなる直前の1989年4月に辞任するまで、35年間にわたって膨大な録音を行い、世界各地に演奏旅行をして、ベルリンフィルの名声をさらに輝かしいものにしていった。  

サイモン・ラトルc Monika Rittershaus / Berliner Philharmoniker 1963年には現在のフィルハーモニーが完成し、1967年からはザルツブルク復活祭音楽祭に参加している。東西ドイツが統一され、ベルリンの壁が崩壊した1990年に、第5代常任指揮者に就任したアバドのもとで、メンバーも大幅に若返った。2002年よりサイモン・ラトルが第6代常任指揮者を務め、間もなく創立130年を迎える。ベルリン・フィルは常に最高級の指揮者を向かえ、いつの時代にも常に最先端の演奏技術と音楽性を追求してきた。また、多くの客演指揮者を順応する柔軟さも兼ね備えた理想的なオーケストラといえる。年間100回の定期公演に加えて、「ベルリン芸術週間」、「ザルツブルク復活祭音楽祭」、「ルツェルン音楽祭」への出演、また大晦日を含む年末の3日間にわたって開催される「ジルヴェスター・コンサート」は有名である。

§チケット情報
 客演のコンサートは入手しやすいが、常任指揮者のラトルのコンサートは発売開始後30分も経てば即完売である。1~2ヶ月分のチケットを同日に販売する。販売開始日を狙えば入手は可能だが、席を選んでいる余裕は無い。聴けるだけでもありがたいオーケストラである。
 ジルベスターコンサート(30日、31日)は電話&窓口のみの発売で、入手は非常に難しいチケットである。
 また、フィルハーモニーというのは、ホールの名前であり、このホールはベルリンの他のオーケストラも使用する。フィルハーモニー・ベルリンはホールの名称であり、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とは異なるので、間違えないように注意が必要である。

LinkIcon公演スケジュール

ベルリン・ドイツ交響楽団 Deutsches Symphonieorchester, Berlin

シュターツカペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場管弦楽団) Staatskapelle Berlin

ミュンヘン

バイエルン放送交響楽団 Symphonieorchester des Bayerischen Rundfanks

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 Munchener Philharmoniker

ドレスデン

シュターツカペレ・ドレスデン(ザクセン国立歌劇場管弦楽団) Sachsische Staatskapelle Dresden


 

パリ

パリ管弦楽団 Orchestre National de Paris

フランス国立管弦楽団 Orchestre National de France

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団 Orchestre Philharmonique de Radio France


 

プラハ

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 Ceska filharmonie

プラハ交響楽団 Symfonicky Orchestr hl. m. Prahy, FOK


 

ミラノ

ミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団 Orchestra Filarmonica della Scala


 

ロンドン

ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra


 

アムステルダム

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 Koninklijk Concertgeboworkest


 

ニューヨーク

ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic

少しずつ写真を追加していく予定ですので、お楽しみに・・・。

参考資料)
各楽団オフィシャルサイト
指揮者とオーケストラ2002 音楽之友社
世界のオーケストラ 名鑑387 音楽之友社

これらの書籍は、ムジーク・ライゼン オンラインショッピング にて販売しております。

小コンサートは以下より
検索、手配可能です
125x125_2.gif

お問い合わせ

利用規約


fujisan.co.jpへ

/~\Fujisan.co.jpで定期購読

 

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

モーストリー・クラシック
公式サイト

 

1冊から購入の場合は以下よりどうぞ

Amazonより購入