海外のコンサートホール

海外のコンサートホール

 

ウィーン

楽友協会 Musikverein

楽友協会
 有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団Wiener Philharmonikerの本拠地。10月から5月の間に10回ほどのウィーン・フィルの定期コンサートが土曜と日曜に開かれる。ただし、ウィーン市民を中心とした定期会員の年間予約席となっているので、定期コンサートのチケットの入手はまず無理。

(注釈;弊社では、提携代理店を通じてキャンセル待ちすることで、ほぼチケットの入手が可能である。)

 定期コンサートの枠以外で、楽友協会において催されるウィーン・フィルのコンサートならば、定価で入手できる。楽友協会会員向けには、公演1か月前から、非会員には3週間前から売り出される。(ムジーク・ライゼンは会員になっております。)なお、楽友協会ではウィーン・フィル以外のオーケストラによるコンサートも多数開催されている。
楽友協会のホールには、ニューイヤーコンサートのが会場として有名な、座席数1744の黄金ホールGoldener Saalという絢爛たる大ホールと、小ホールのブラームスホールBrahms-Saalのほかに4つのホールと合わせ、連日多彩な音楽プログラムが催されている。

ウィーン・コンチェルトハウス Wiener Konzerthaus

ウィーン・コンチェルトハウス© Herbert Schwingenschlogel

 楽友協会と並ぶウィーンの2大コンサート組織のひとつで、ウィーン交響楽団Wiener Symphonikerの本拠地。1913年に完成した世紀末様式の建物内に、1800人収容の大ホールとモーツァルト・ホール(700人収容)、シューベルト・ホール(300人収容)がある。クラシック以外にも、ジャズやワールドミュージックなど幅広いジャンルのシリーズコンサートを組んでいる。

 

ベルリン

フィルハーモニー Philharmonie

フィルハーモニー フィルハーモニー
© Schirmer / Berliner Philharmoniker   © Lauterbach / Berliner Philharmoniker

 

コンチェルトハウス・ベルリン Konzerthaus Berlin


ミュンヘン

ガスタイク・センター フィルハーモニー Philharmonie, Gastaig

ヘラクレスザール Herkulessaal

プリンツレゲーテン・テアター Prinzregententheater


 

パリ

サル・プレイエル Salle Pleyel

シャンゼリゼ劇場 Theatre des Champs-Elysees

サル・ガヴォ Salle GAVEAU

パリ・シャトレー座 Theatre du Chatelet


 

プラハ

市民会館 スメタナ・ホール Obecni dum/The Municipal House

芸術家の家 ルドルフィヌム ドヴォルザーク・ホール Rudolfinum

 



 

ロンドン


 

ニューヨーク

リンカーン・センター Lincolncenter

カーネギー・ホール Carnegie Hall

少しずつ写真を追加していく予定ですので、お楽しみに・・・。

参考資料)
地球の歩き方 ウィーンとオーストリア 株式会社ダイヤモンド・ビッグ社

これらの書籍は、ムジーク・ライゼン オンラインショッピング にて販売しております。

お問い合わせ

利用規約


fujisan.co.jpへ

/~\Fujisan.co.jpで定期購読

 

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

モーストリー・クラシック
公式サイト

 

1冊から購入の場合は以下よりどうぞ

Amazonより購入