海外の国際コンクール

海外の音楽祭

チャイコフスキー国際コンクール(モスクワ、ロシア)

 ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーに因んで名付けられ、1958年より4年おきにモスクワで開催される。当初はピアノとヴァイオリンのみが審査対象であった。1962年開催の第2回コンクールよりチェロが加わり、1966年より声楽部門が加わった。1990年からはヴァイオリン属の楽器と弓の製作技術を競う、ヴァイオリン製作者部門が設けられている。2006年はモスクワ音楽院大ホールの修理や、FIFAワールドカップが重なること、スポンサーの未決定などの理由から開催が一年見送られ、第13回コンクールは、前回から5年おいた2007年6月に開催された。数々の著名な芸術家を輩出してきたコンクールである。
 コンクールは著名なロシア人音楽家からなる委員会によって組織され、Russian State Concert Company(Sodruzhestvo) が運営している。また著名な演奏家、音楽教授、音楽監督、元コンクール入賞者による国際審査員団が選出され、演奏の審査、入賞者の決定に携わる。現行の方式では、コンクールは6月に開催され、予備審査を含めて3次の予選が行われる。
 2015年に第15回コンクールが開催予定だが、詳細は未定。

 第15回チャイコフスキー国際コンクール公式サイト;
 チャイコフスキー国際コンクールhttp://www.competition-tchaikovsky.com/(更新)

国際コンクール

ショパン国際コンクール(ワルシャワ、ポーランド)

 ショパンの生誕地ポーランド、ワルシャワで5年に1度行われるコンクールで、次は2015年の秋に第17回コンクールが開催される。書類、録音審査を経て、第1次、2次、3次予選を勝ち抜いたもののみがファイナルへの出場を認められる。審査委員長アンジェイ・ヤシンスキの話によると、ショパン国際コンクールの意義は「若いピアニストのお手本となるような人材を見つけること」にある。

§スケジュール    
2015年4月13日~24日 予選
2015年10月2日~23日 コンクール期間
10月2日  開会コンサート 10月18日~20日 ファイナル
10月3日~7日  第1次予選 10月21日  優勝者コンサート
10月9月~12日  第2次予選 10月22日  2位受賞者コンサート
10月14日~16日 第3次予選 10月23日  3位受賞者コンサート
10月17日  ショパン没後166周年祈念式典

§チケット情報(1/5更新)

  • 第1次予選~ファイナルのコンプリートパス 2014年5月6日発売
  • 第1次予選~ファイナルの各ステージパス  2014年6月3日発売
  • 第1次予選~ファイナルの1Dayチケット   2014年10月15日発売
  • 1位~3位入賞者コンサート         2015年1月15日発売予定

 Eチケットとなります。VISA,Master,JCB,Dinersのみ使用可能。

 現在、第1次~ファイナルのチケット・パスはすべて完売のため、キャンセル待ちです。
 10/17のショパン没後166周年記念式典は無料のため、チケット不要です。

チケット料金

ショパン国際コンクール

参考資料)
Wikipedia
MOSTLY CLASSIC vol.153 2010年2月号

これらの書籍は、ムジーク・ライゼン オンラインショッピング にて販売しております。


お問い合わせ


利用規約

Musik Reisenのブログです。
公演スケジュールやチケット情報、
日々の日記などを掲載しています。
ムジーク・ライゼンのブログ


fujisan.co.jpへ

/~\Fujisan.co.jpで定期購読

 

モーストリー・クラシック

海外クラシック情報満載の月刊誌です。1冊1,000円ですが、内容はとても充実していて読み応えがあります。Fujisan.co.jpより定期購読するとややお得です。以下のオフィシャルサイトでは、過去のバックナンバーもより取り寄せられ、立ち読みも可能です。

モーストリー・クラシック
公式サイト

 

1冊から購入の場合は以下よりどうぞ

Amazonより購入