オーケストラ・レポート①

オーケストラ・レポート①

シェーンブルン宮殿コンサート&プラハ・ドヴォルザーク音楽祭
 2011年9月(I.K様)

K様は、今回初めての手配でしたが、ツアー日程が変更になり、チケットを2回手配しなくてはならなくなってしまいました。シェーンブルン宮殿コンサートは初のレポートです。
 ウィーンでのシェーンブルン宮殿コンサートとプラハのドヴォルザーク音楽祭、行ってきました。

 宮殿コンサートは観光客相手の適当な演奏かと思って行きましたが、なかなかどうしてしっかりした演奏でした。モーツァルトやシュトラウスの演奏はとても素敵でした。指揮者も名前はわからなかったけどベートーベンのような顔をした人で雰囲気ありました。
 ただディナー会場からホールまで外に出てけっこうな距離を移動しなくちゃならなかった時、運悪く雨が降っていて、まあ折りたたみの傘を持って行ってたからよかったけれど「なんとかならないのか」って感じでした。
 オペラのアリアも聞けたのですがど迫力でした。VIP席でよかった。

カレル橋から見たドヴォルザークホール カレル橋から見たドヴォルザークホール プラハのドヴォルザークホールは素晴らしかったです。まわりを見回しても日本人なんかいなかった。
 旅行の日程上、聞きたい演目とは違ったのですがペトレンコと言う人が指揮するリバプール管弦楽団のラフマニロフの交響曲やリストのピアノ協奏曲は圧巻でした。

 次の日も行ったのですが中国の交響楽団が出演していて、ピアノ協奏曲のソリストとのコンタクトがとれてないように感じました。ピアニストがオケや指揮者の方をちらちら見ているのに無視して私は私の演奏をするって感じでした。指揮者もオーバーアクションでアンコール曲では中国の民族芸能ショーみたいになってしまってモーツァルトとドヴォルザークを聴きに来たのに「ちょっと違うんでは」って思いました。楽団の人たちはアンコール曲のほうが生きいきして楽しそうでした。

 追伸 1日目の帰り、ホテルへ歩いて帰った時、道に迷ってしまってビビリました。でも全体にとても楽しかったです。 チケット手配ありがとうございました。コンサートは満席でした。

→ K様、体験レポートをお寄せいただき、ありがとうございました。シェーンブルン宮殿には雨の日はレストランで傘を貸して頂けるようにフォローしておきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへページトップへ

ルツェルン音楽祭 フィラデルフィア管&シカゴ響2011年8月(Y.K様)

K様は、2回目のお客様で、今回初めてのルツェルン音楽祭を手配させて頂きました。ルツェルン音楽祭は、世界中の有名オケが集まるので、オーケストラ好きにはオススメの音楽祭です。

suisu 216.jpg 8月27日、28日と今年初めてスイスのルツェルン音楽祭に行ってきました。昨年度は、ザルツブルグ音楽祭に行ってきたのですが、雰囲気がまた違いしっとりとした落ち着いた感じの音楽祭で大変趣があり良かったです。

 27日は、デュトワ指揮のフィラデルフィア管でした。特にメインの「幻想交響曲」はそれぞれの楽章とも、しっかりとした構成でインパクトもあり好演でした。また、リストのピアコンもしっかりとした構成で、特にピアニストのであるジャンの熟達した表現力が素晴らしかったです。

 28日は、ムーティ指揮のシカゴ響を聞きましたが、さすがムーティだけあって貫禄のある堂々たる演奏素晴らしかったです。メインのショスタコ5番4楽章のクライマックスの表現などはかなり圧倒されるものがありました。大変感動しました。

 また機会があればルツェルン音楽祭に参加したいと思っています。

→ K様、体験レポートをお寄せいただき、ありがとうございました。アメリカオケの幻想交響曲に、ショスタコ5番!!なんと迫力のあるコンサートだったことでしょう。どちらも私の大学時代に、大学オケで先輩が練習・演奏していたので、よく覚えています。どちらもいい曲ですよね。幻想のハープが好きです。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへページトップへ

ルツェルン音楽祭 ルツェルン祝祭管弦楽団 2011年8月(Y.H様)

H様は初めてのお客様でしたが、何と9年連続ルツェルン音楽祭に通われています!今回ルツェルンは、発売日に売ったチケットが決済の不備で全部払い戻されるというトラブルがありましたが、H様との連携で無事2公演、チケットを確保することができました。また、ピアノ協奏曲のピアニストの変更というニュースもありました。通常、キャストやプログラム変更などがあった際は、和訳してメールしております。

KKLルツェルンホールKKLルツェルンホール
 9年連続のルツェルン音楽祭です。
アバド/ルツェルン音楽祭管弦楽団のチケットは年々入手が困難になっており、今年初めて、ムジーク・ライゼンさんにチケット手配をお願いしました。これまで、チケットは個人で手配していましたが、今回のようなオンライン予約の不備や、ソリストの変更等があった場合、プロにお任せしておくとラクだというのがよく分かりました。



オルガン席よりオルガン席より


 ブラームスのピアノ協奏曲は、予定されていたグリモーではピンとこなかったので、ルプーに変更になって喜んだのですが、やはりポリーニとの競演のようにはいかず…(実は13日のコンサート前に、楽屋入り口付近でポリーニが談笑している姿を目撃したので、ちょっとだけ期待してたのにぃ~)
後半のワーグナーとマーラーは、さすがアバドという演奏。座席の位置にもよるでしょうが、弦楽器群が特に素晴らしかった。オルガン席最前列というのは、ある意味緊張する座席ですね。でも、アバドの指揮ぶりや表情が観られて、なかなか良い席でした。



 ルツェルンのコンサートホールは駅のすぐ隣で、たいていのホテルが徒歩圏内だし、昼間は周囲の山や湖畔でのハイキングも楽しめるので、お勧めの音楽祭です。来年は10周年。アバドが何を演奏してくれるのか、今から楽しみにしています。

郊外ハイキングコース郊外ハイキングコース

→ 体験レポートありがとうございました。ルツェルンとアバドをこよなく愛していらっしゃる気持ちが伝わりました。正直、発売日数日後にすべてのチケットが払い戻された時には、かなり焦りましたが、結果的に総てのお客様にご希望のチケットを届けられてよかったです。
 また、ルツェルン以外の公演手配でもお待ちしております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへページトップへ

ミュンヘン・フィル、ウィーン・フィル、シュターツカペレ・ベルリン 2011年5月(A.I様)

I様は、初めてチケットの手配をさせて頂きましたが、まさにMusik Reisen(音楽旅行)を満喫された様子です。また、現地でムジーク・ライゼンの宣伝までして頂きました。

ご手配いただいたチケットで楽しんできました。

5月30日に出国してウィーンへ。翌日、楽友協会でミュンヘン・フィルでブルックナーを、4日にはラン・ラン/ゲルギエフのウィーンフィルを、翌5日にはバレンボイム/ブーレーズのシュターツカペレ・ベルリンを聴きました。
ランランとバレンボイムは同じリストの協奏曲1番なので、興味津津だったのですが、バレンボイムはミスタッチが非常に多く、瑞々しく若々しいランランは見事でした。

6日にパリに移動して10日にシャトレ座でフランス国立管のマーラーの8番を聴きました。前から3番目、それもグンと右寄りの席でしたが、すべての出演者のグレードが高く、響きの少ないホールが幸いしナマでしか絶対に楽しめないマーラーの大曲を堪能することができました。このコンサートは満席、素晴らしい時間でした。

窓口でチケットを買い、サルプレイエルで、ブレハッチのリサイタルと、デビッド・フレイ/サロネンのパリ管も聴きました。ベートーヴェンの7番でサロネンは右腕後ろの袖付けが破れてしまいました。現地14泊の滞在で、なんだかんだ7回のコンサートでした。

シャトレ座以外では日本人の姿も見かけましたが、楽友協会のミュンヘンフィルでは団体旅行のおば(あ)
さんが数人、始まるとすぐに眠り始め、おひとりは終始左右の方にご迷惑をかけつつ最後の拍手だけは実に盛大でした。私の隣に座られた方は、演奏曲目もご存じなくて、でも、「昨夜はシュターツオペラに参りましたのよ」とのことでした。どなたがこうした観客を送り込むのかわかりませんが、同じ日本人として非常に迷惑な話で、そういう人がいると聞いてはいましたが実際に目にして驚きました。

今後もお世話になることがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

→ 体験レポートありがとうございました。滅多にクラシックを聴かれないお客様も多くいらっしゃいますが、気にせず音楽を楽しんでいきましょう。宣伝までして頂き、誠にありがとうございました。こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへページトップへ

ベルリン・フィルハーモニーコンサート 2011年1月(H.S様)

S様はツアーの合間の1日の夜に何か素晴らしいものを鑑賞したいということで、無料公演検索をご利用になりました。その際、何がよいかと相談を受け、ベルリンフィルをお勧めしました。既に完売のチケットでしたが、粘り強く問い合わせた結果、運良くちょうど2枚キャンセルが出たため、手配が可能となりました。
私は今回ツアーで観光してきました。
ツアー旅行期間中は自由時間が限られている為、自由行動可能日のチケットが入手できるか心配でしたが、溝口様のお陰で、運よくチケットを入手出来ました。

当日会場へ行くと、非常に見やすい座席で、本場独特の雰囲気&緊張感を味わうことが出来、非常に満足でした。また、何とも言えない臨場感に感動しました!

生演奏の音楽は、日頃働いている自分への最高のご褒美だと思います!
またドイツへ行くチャンスがあった際は、オペラ等も鑑賞してみたいと感じました。
溝口様へ照会した時のレスポンスの速さ、丁寧さ、心より感謝しています。
有難うございまいした。

→ 体験レポートありがとうございました。ベルリンフィルはやはり重厚感があって、何度聴いても感動します。フィルハーモニーホールの響きも素晴らしいです。
次回は是非、オペラをご堪能ください。またのご利用をお待ちしております。

ベルリン・フィルハーモニーコンサート 2010年12月29日(S.M様)

M様は毎冬、ドイツを周遊旅行されます。前回もベルリン・フィルの手配をさせて頂きました。
オペラ・レポートの「コミッシュ・オーパー・ベルリン」もどうぞご一読ください。

 私は、いつもコンサートを優先して旅行を計画しています。今回は、29日のベルリンフィルのコンサートをメインに、全体のスケジュールを組みました。
29~31日のジルベスターは、チケットの入手が大変難しいとのことでしたが、見事に溝口さんがチケットを確保して下さりとても嬉しかったです。本当にありがとうございました!!お陰様で旅の最後にベルリンフィルを聴くことができ、大変思い出深い旅行になりました。

 この冬ドイツは大寒波で、各地で交通機関の遅延が生じ、私達もやむを得ず計画を変更しながら旅行しました。メゾソプラノのガランチャも、雪の為にベルリンの空港に降りることができず、ライプチヒの空港からタクシーでかけつけ、リハーサルに何とか間に合ったとのこと、後で知りびっくりしました。

 ベルリンフィルは2度目ですが(前回も溝口さんにお世話になりました)、今回はジルベスターということで華やいだ雰囲気でした。なお、先日同じプログラムの31日のコンサートがBSで放送され(それはDVDでも発売されるようですが)、29日と比べステージのお花が増えて、一段とにぎやかに見えました。
 共に人気抜群のスター、ドゥダメルとガランチャは、ステージにいるだけですごい存在感がありました。ビゼー「カルメン」などの、名曲を連ねた聴き応えのあるプログラムは、期待に違わず鮮やかで見事な演奏、時の経つのを忘れるほどでした。また、樫本大進が正式にベルリンフィルのコンマスになった記念すべきコンサートでもあり、彼をはじめ名だたる名手を揃えたベルリンフィルの名技も存分に楽しめました。

→ M様、体験レポートの寄稿ありがとうございました。ベルリン・フィルはやはりフィルハーモニーホールで聴いてこそのオーケストラだと思っております。また海外へご旅行の際には、よろしくお願いいたします。

ページトップへページトップへ

ベルリン・フィル・ジルベスターコンサート 2010年12月31日(K.I様)

I様と同伴されたご友人から体験レポートを頂きました。このチケットは最も手配するのが大変なチケットです。

 2010年10月、『年末年始ドイツ旅行。』の計画を立て、それならばベルリンフィルのジルベスターコンサートを聴きたいね。という話から、チケット手配のご依頼しておりました。(実際の手配は任せていたのですが。)
 10月頃に手配をご依頼した時「取れるかどうか厳しい…」と聞いており、少し諦めていたところもあったのですが、12月初旬に『チケット取れました。』という知らせを頂き、本当に驚きました。手数料も良心的で本当にすごいサービス!と感激です。チケットの受け取りも会場ロビーを見渡している間に戻ってきましたので、スムーズに行われたのだと思います。本当にありがとうございました。

P1010641.JPG 開演までの時間は、シャンパンを頂き自分たちの席を探して過ごしていました。手配して頂いた席は「Hブロック」の1列目、オーケストラの真後ろの席でした。なので、正面からの会場を見てみたい…と会場を散策もしてきました。日本人の方も数名お会いしましたしお子様連れのご家族はいらっしゃいましたが、年齢層的には私達が最年少であったであろうことは明らかでした…。

 日本でもニュースになっていましたが、樫本大進氏がコンマスに正式就任されて最初のコンサート(29日からのリハもありましたが)であり、新年を迎えるにあたってとてもおめでたい気分でいっぱいでした。Gustavo Dudamel氏の指揮の下、素晴らしい演奏を体験することが出来ました。恥ずかしいことに演奏の内容やそのよしあしを聞き分けることが出来るほどにオーケストラを聴き慣れているわけではないのですが、それでも素晴らしい演奏、素敵な音に心地よい時間を過ごしました。「Selections from Carmen」とあったので、聴けるとおもっていなかった大好きなHabaneraをベルリンフィルハーモニーの演奏と共にElトォna Garanト溝の美しい声で聴けたことが嬉しかったです。本当にステキな体験をすることが出来ました。チケットリリース日、電話をかけて手配して下さった担当の方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

P1010633.JPG

→ I様は10月から早々にお申込みいただいていたおかげで、入手困難な12/31のチケットを連番で取ることができました。体験レポートをお寄せいただき、ありがとうございました。
 

ページトップへページトップへ

ルツェルン音楽祭 ロイヤル・コンセルトヘボウ 2010年9月(S.A様)

完売公演でしたが、毎日チケットの戻りをチェックしていた所、リターンチケットが入手できました。マーラー3番のヤンソンスの熱気と客席の感動が伝わってきます。

 ヨーロッパの音楽祭に行ってみたいというのと、アムステルダムコンセルトヘボウをヨーロッパで聴いてみたくて、ルツェルン音楽祭に行きました。完売だった9月3日のマーラーの第3番のみ、御社に入手をお願いいたしました。的確に手配してくださり、また手数料も良心的で大変助かりました。当日のチケット預かりもスムーズに受け取ることができました。

 ルツェルン音楽祭は、おそらく他の音楽祭よりは日本人は少なめかと思います。他の音楽祭に行ったことがあるわけではないのですが、ベルリンやウィーンの通常公演よりは日本人の姿は少ない印象です。客層としては、ヘビーリスナーの方々がいると共に、楽章間の拍手が起きた日があったことなどから、ヨーロッパ内の必ずしもクラシックになじみがある訳ではない観光客もいるように感じました。また、スイスのスポンサー企業の招待客が来ている日もあるようです。日によっては、喫茶スペースの一部がそのような方専用に割り当てられていました。

 音楽祭とあって、ヨーロッパの方を中心に、男性はスーツ、女性も着飾っている方が多いです。通常のヨーロッパのオーケストラ公演(オペラは別)よりもその割合は高いように感じました。スイスに行く日本人の多くは山に行く服装で行くことが多いかとは思いますが、できればちゃんとした格好も持っていかれた方がよいと感じました。

 なお、スイス全体でルツェルン音楽祭を盛り上げようという機運があり、さまざまなサポートを行っているようです。例えば、ルツェルン音楽祭のチケットを持っていると、入国した場所からルツェルンまでの列車の料金が半額になるようです。私は音楽祭のチケットを見せたら、チューリヒの空港から片道料金27スイスフランで往復のチケットが買えました。

KKLルツェルンホール

 演奏も大変良かったです。特にチケットの入手をお願いしたマーラーの3番の日はオーケストラ、指揮者のヤンソンス共に相当に気合が入っていたように感じました。最後は観客総立ち(ヨーロッパではあまり見られない光景ですが)で盛り上がっていました。

 写真は昼間に撮ったルツェルンのホールの様子です。中央駅の真横の大変に交通の便の良い場所にあります。湖のほとりのため、帰りにクルージングをしていく人々の姿も見かけました。ホールの中で写真を撮っている人がしばしば注意されていたので、中での撮影は控えました。

 → ルツェルン音楽祭は、国全体で支援しているのですね。
   体験レポートありがとうございました!
 

ページトップへページトップへ

ザルツブルク音楽祭 ウィーンフィル 2010年8月(K.A様)

今回は完売チケットでしたが、チケット入手できました。本当に青空が素晴らしいですね。
P1070949.JPG
今回せっかく音楽祭の時期にザルツブルクに行くのでコンサートに行きたい!と思い初めてチケットの手配をお願いしました。 前日まで雨がふりとても寒いザルツブルクでしたが、当日は朝から晴れ、青空の中、祝祭大劇場へ出かけました。
劇場前には車や馬車が次から次へと着き、とても華やかで、ただただ音楽祭の雰囲気に圧倒されてしまいました。
座席は2階席でしたが、真ん中あたりだったので舞台がよく見え、コンサートを楽しむことができました。ありがとうございました。

ザルツブルク音楽祭

ザルツブルク音楽祭

ザルツブルク音楽祭

 → 体験レポートありがとうございました!

ページトップへページトップへ

チェコフィル、ウィーンフィル 2010年4月(I.K様)

K様は大変なクラシック(特にオーケストラ!)ファンでいらっしゃって、海外にご旅行の際には、いつも各国の有名オケのチケットを手配させていただいております。
チェコ・フィルハーモニー写真<プラハ>
 今回の音楽旅行の目的はプラハのルドルフヌムにあるドボルザークホールを実際に聴くことでした。このホールのすばらしさは若い頃からLPレコードで聴き知っていました。オーケストラはもちろんチェコフィルです。日本で何度かはチェコフィルのライブ演奏は聴いていますが、本当のところは本拠地のホールで聴いてみなければ、そんな思いがここ数年募っていました。
 ルドルフヌムのドボルザークホールの響きはその意匠とともに誠にすばらしいものでした。大ホールとしてのサイズはかなり小さい、普通の大ホールの後ろ半分を切り取ったような感じで、座席数は1000席程度と思われます。また座席が後ろにいくに従いかなりせり上がり舞台が見やすくなっていました、年代物のホールの席としてはその工夫に感心しました。現代のホールの意匠は総じてすっきりとしていますが、歴史的なホールの装飾は実に見事かつ優雅です。見ているだけでも飽きません。
 初日は弦楽四重奏ターリッヒカルテット、そして2日目3日目はチェコフィルと計3回聴きましたが、日本でいつも聴いている素晴らしいエクストンの江崎録音からの期待に違わぬ美しい響きでした。チケットも1枚3000円程度でびっくりするほどリーゾナブルでした。
 一曲目のシベリウスのバイオリンコンチェルト、これも大変良かった、そしてラストの曲はショスタコービッチの第5番でした。今回のホーネック、チェコフィルは快活にアップテンポかつ充分にドラマチックに進む演奏でしたが、特に2日目の演奏がすばらしいものでした。

<ウィーン>
楽友協会・ウィーンフィル 今回のウィーンでは中心が楽友協会ホールでのクリスチャン・ティーレマン指揮ウィーンフィル、ベートーヴェン第9番「合唱」でした。これは一つの事件なのです。24日、土曜午後と25日、日曜午前の2日間、2度とも聴きましたが、特に土曜日は名演奏だったと感じます。
 この楽友協会ホールでウィーンフィルを聴くのは今回が初めてでした、やはりすばらしい。前回訪問の時はウィーン交響楽団中心でした、それも誠に素晴らしかったのですが。楽友協会ホールでウィーンフィルを聴くことは音楽マニアの一つの夢と云っても良いでしょう。
 わたしはウィーフィルの演奏を日本のいくつかの名ホール、そしてベルリンのフィルハーモニーホールでも聴きましたが、やはり彼らの真価は本拠地楽友協会ホールでの演奏をもって語るべきなのだと感じました。彼らは凄い、今回それを実感した次第です。
 ティーレマンの指揮は予想通りというかそれ以上にダイナミック、ロマン派系なのですが、それでも現代的アップテンポな体育会系的指揮も自在に入り込む演奏です。フルトヴェングラーやバレンボエムほどにはダイナミックレンジを拡げない、つまり音量の大小を付けない気がしましたが、テンポはかなり大胆に揺らしていました。とにかくウィーンフィルを土台からパワフルに鳴らす感じでした。4楽章最後のオーケストラが壊れてしまいそうなほどの突進も実に壮絶であり、全曲が終わったとき、もちろん私見ですが、あの偉大なフルトヴェングラーのバイロイトの第9にも比すべき歴史的演奏だった、との確信を抱きました。

 今回入手困難なチケットもある程度手に入れられるルートも知ることが出来ました。ちなみに、ウィーンフィルの定期演奏会は一番良い席で90ユーロ です、彼らの実力を考えれば全く高くはありません。わたしのエージェントがインターネットを通じて入手してくれました。 最初は立ち見席だけしか手に入りませんでしたので、その時はウィーン在住のエージェントに依頼し、ウェイティングリストにのせてもらい、結局は入手できました。手数料込みで150ユーロとなりましたが、これまたそう高いとは思いませんでした 。 ちなみに日本ではウィーンフィルとベルリンフィルは大体4万円前後です。

→ 体験レポートありがとうございました!

ページトップへページトップへ